アキレス腱痛・断裂症状の解説

アキレス腱断裂とは?本サイトではアキレス腱の痛み、断裂の症状・手術・リハビテーションなどアキレス腱に関する記事を専門に掲載しております。アキレス腱の障害についてお調べの方のご参考になれば幸いです。

アキレス腱痛・断裂症状【サイトマップ】

アキレス腱断裂とは?
 アキレス腱断裂とは、中高年以降の成人に多く発症する障害でその原因は様々なものがあります。アキレス腱断裂が、加齢とともに増加する傾向…(続きを見る)

加齢に伴う柔軟性の低下が原因
 アキレス腱に限らず、人体内の各部に存在する腱組織は老化現象に伴い柔軟性が失われていくことは医学…(続きを見る)

アキレス腱断裂の症状について
 アキレス腱を完全に断裂してしまった場合は、「ブチッ!」というアキレス腱断裂時の音がはっきりと聞こえる場合…(続きを見る)

アキレス腱の部分断裂について
 部分断裂を発症しているケースでは、自覚症状として歩くと痛い、違和感を感じる…(続きを見る)

@直接アキレス腱を手で確認
 アキレス腱断裂症状の確認方法として、ここでは2つの自己チェック方法を解説します…(続きを見る)

A足関節の底屈反応を確認
 アキレス腱は、下腿三頭筋とともに、足関節の底屈動作を補助する働きを持っています。この作用が機能していない…(続きを見る)

治療方法・処置法について
 アキレス腱を断裂してしまった場合の治療方法には幾つかの方法が存在します。中でも代表的な処置としては…(続きを見る)

注目を集めるアキレス腱の装具療法
 スポーツアスリートの場合は、アキレス腱復帰後から復帰までの完治期間を少しでも早めたいと思うもの。また同時に、手術後やギプス後の筋力の低下…(続きを見る)

アキレス腱断裂の手術療法
 アキレス腱の断裂をしてしまった場合の手術は基本的にアキレス腱をつなぎ合わせるアキレス腱縫合手術と呼ばれる手術を行い…(続きを見る)

アキレス腱縫合手術の内容
 アキレス腱の切開縫合手術では、アキレス腱を一時切開しアキレス腱の内側からアキレス腱の切れてしまっている部分を直接縫合…(続きを見る)

アキレス腱断裂の保存療法について
 アキレス腱の断裂をしてしまった場合、その断裂症状が部分断裂や軽度の断裂のケースでは…(続きを見る)

手術を行わずに復帰を目指していくのが保存療法
 保存療法では回復の進行に合わせて、足関節の底屈の角度を徐々に和らげながらギプスを繰り返しアキレス腱の蘇生…(続きを見る)

アキレス腱手術後のリハビリ
 アキレス腱の縫合手術を行った場合、手術後、リハビリによって機能の低下を防止しながら復帰を目指す…(続きを見る)

再断裂の予防と腱の肥厚の可能性を検討
 アキレス腱の治療過程におけるリハビリテーションは、手術療法、保存療法、装具療法、いずれの治療法を選択したとしても必ず実施する期間を設ける…(続きを見る)

リハビリ期間は人体と向き合うための大切な時間
 アキレス腱の手術を行った場合のリハビリ期間は基本的に2〜3ヶ月程度の日数が必要…(続きを見る)

手術後のリハビリの流れ
 手術後の回復までにかかる期間について現実的な日数を追いながらリハビリ過程とともにチェック…(続きを見る)

オーバーユース(over-use)とは?
 オーバーユースのユース(use)とは、「使う」の意味です。よってオーバーユースは使い過ぎという意味…(続きを見る)

オーバーユース症候群はスポーツ障害とは限らない
 オーバーユース症候群は主にスポーツアスリートに多く発症するスポーツ障害と思われがちです。しかし、オーバーユースは何もスポーツの世界に限った話…(続きを見る)

応急処置の基本はRICE処置
 アキレス腱炎症の応急処置では、まず最初に行うべき基本的な応急処置としてRICE処置を基本に治療を実践…(続きを見る)

RICE処置の解説
 RICE(ライス)はその処置方法に関する単語の頭文字から名づけられております。以下、RICE処置方法を簡潔に…(続きを見る)

非ステロイド性消炎鎮痛剤による炎症の緩和
 アキレス腱の症状で手術が必要な状況に至らないケース。例えば比較的多く発症するアキレス腱の付け根部分の痛み…(続きを見る)

皮膚が弱い場合は漢方薬を検討
 非ステロイド性消炎鎮痛剤のタイプとしては服用タイプと塗るタイプ、そして貼るタイプがありどれも効果は同じです。最も簡易的な塗るタイプ…(続きを見る)

装具療法による関節可動範囲の制限
 アキレス腱の障害が発生してしまった場合、まずは応急処置を行います。そしてその後の、回復過程…(続きを見る)

アキレス腱組織と筋肉の違い
 アキレス腱の治療では足が地面に接地する際の衝撃の緩和をはかることも重要となります…(続きを見る)

インソールの使用は再発予防も兼ねている
 アキレス腱の障害は残念ながら再発性の高い障害のひとつです。特にアキレス腱炎を発症する患者…(続きを見る)

インソールのポイントは踵部分の衝撃緩衝能力
 インソールは100円均一で売っているような簡易的なものから、非常に高額なオーダーメイドインソールまで存在…(続きを見る)

医療分野では古くから使用されているソルボ
 ソルボとは、英国の科学者であるモリス・ハイルス博士が開発した衝撃吸収素材…(続きを見る)

衝撃緩衝材ソルボの特徴
 衝撃緩衝材ソルボ素材とはいったいどのような素材なのでしょうか?ソルボの特徴…(続きを見る)

アキレス腱の構造について
 アキレス腱は、ふくらはぎの筋肉である下腿三頭筋の下部からつながる人体の中でも最も強靭な…(続きを見る)

アキレス腱炎も腱鞘炎のひとつ
 アキレス腱の炎症は、通常この腱鞘部分との磨耗、摩擦によって生じます。尚、一般的に言われる腱鞘炎とは、この腱を包み込んでいる腱鞘…(続きを見る)

剣道は冬場も裸足で練習
 アキレス腱のストレッチは、スポーツをするアスリートにとっては非常に重要です。これは、アキレス腱という腱組織…(続きを見る)

膝を軽く曲げるストレッチの効果
 アキレス腱の構造図を見ても解るとおり、アキレス腱は下腿三頭筋と呼ばれる「ふくらはぎ」の筋肉の筋頭が結合して腱組織を構成…(続きを見る)

バリスティックストレッチの有効性
 仮に剣道の練習を行う際にアキレス腱断裂の可能性を意識し、しっかりと柔軟体操…(続きを見る)

アキレス腱炎症の可能性
 かかと近辺に痛みが生じるケースについてご説明します。かかと近辺に強い痛みが生じているケースでは、アキレス腱の炎症…(続きを見る)

踵骨疲労骨折の可能性
 かかと近辺からアキレス腱の付け根にかけて痛みが継続的に続くケースではアキレス腱周囲炎の可能性…(続きを見る)

体重の増加もひとつの要因
 かかと周辺の痛みの原因はこのような疲労性の蓄積の他、柔軟性の低下、そして体重の増加などもひとつの原因…(続きを見る)